鹿児島市ふるさと納税人気ランキング1位の黒豚しゃぶしゃぶのご紹介 鹿児島県鹿児島市の鹿児島黒豚しゃぶしゃぶの人気店いちにぃさんの黒豚しゃぶしゃぶ肉 鹿児島市ふるさと納税人気ランキング1位の黒豚しゃぶしゃぶは、ふるさとチョイスでクレジットカードが使えます 鹿児島県は黒豚生産量日本一です お申込みはこちら お気に入りに登録 鹿児島市ふるさと納税人気ランキング1位の鹿児島県産黒豚とは?かごしま黒豚は、肉質が優れている英国バークシャー種に改良と交配を重ねて、黒豚のよいところを引き出しながらその味に磨きをかけて完成しました。その鹿児島黒豚の美味しさの秘密の一つが、サツマイモです。飼料にサツマイモを配合して与えることで、柔らかく、歯切れが良く、うま味たっぷりの黒豚に育ちます。食べた時に歯切れが良く、柔らかいのは、肉の繊維質が、他の豚と比べて細いから。また、豚肉にはもともとタンパク質、ビタミンB群が豊富ですが、鹿児島黒豚は、アミノ酸などの旨味の成分やビタミンEの含有量が多いのです。 西郷隆盛も絶賛した鹿児島黒豚。鹿児島市ふるさと納税人気ランキング1位の黒豚は江戸時代初期1609年に、薩摩藩の初代藩主島津家久によって、琉球王国(沖縄)から移入されました。黒豚の名が全国に知られだしたのは幕末から明治にかけて。幕末の水戸藩主徳川斉昭公を「いかにも珍味、滋味(あじわい)ありコクあり、なによりも精がつく」と感嘆させた鹿児島黒豚。維新の西郷隆盛もこよなく愛したと言われています。このように歴史に育まれた鹿児島黒豚は、いまでも日本を代表する豚肉となっています。 鹿児島は黒豚の本場。生産量日本一。日本では、幕末から明治維新にかけて、本格的に肉食文化が幕を開けたといわれています。明治に入ると、政府が養豚を奨励し、鹿児島県は、英国のバークシャー種を奨励品種とし、在来種の黒豚と交配し、改良を進めるとともに、純粋繁殖も行い、豚肉の芸術品とも呼ばれる、鹿児島の黒豚を完成させました。鹿児島県は全国屈指の畜産県で、豚の飼養頭数は日本一。もちろん、黒豚の生産量も日本一です。鹿児島県鹿児島市ふるさと納税人気ランキング1位は鹿児島黒豚です。 お申込みはこちら 鹿児島市ふるさと納税を使えば、鹿児島市ふるさと納税人気ランキング1位の鹿児島県産黒豚しゃぶしゃぶが、自己負担2,000円 鹿児島市ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限あり)。自分の生まれ故郷だけでなく、お世話になった自治体や応援したい自治体等、どの自治体でもふるさと納税の対象になります。鹿児島市ふるさと納税では、島津薩摩切子焼酎やさつま揚げ、黒豚、黒牛などの鹿児島の特産品を返礼品として用意しています。また、鹿児島市へのふるさと納税は、年に何回でも可能で、返礼品もその都度、お届けしています。 鹿児島市ふるさと納税は「ふるさと納税制度」の適用により、所得税・個人住民税にあっては、寄附金の2,000円を超える部分について、一定の限度まで税の軽減を受けることができます。 鹿児島市ふるさと納税のこのページの申込みボタンをクリックすると、ふるさとチョイスのWebサイトに移動しますので、必要事項を記入の上、お申込みください。決済方法は、クレジットカード決済と、納入通知書での払い込みの2つの方法があります。 鹿児島市ふるさと納税のお礼の品は、寄附の入金確認後、おおむね1か月以内にお届けいたします。入金方法がクレジットカード決済以外の方は、1か月を超える場合もございます。あらかじめご了承ください。 鹿児島県鹿児島市ふるさと納税の説明 納入通知書での払込によるご入金の場合、お申込み内容確認後、記載いただいたご住所に「“豊かさ”実感都市・かごしま応援寄附金」の納入通知書を郵送します。所定の金融機関からご入金ください。手数料はかかりません。 県外にお住まいで、年2,000円以上の寄附をお寄せいただいた方に、鹿児島県内の観光・文化施設(仙巌園、尚古集成館、歴史資料センター黎明館など約60施設)等において入館料等の割引が受けられる「かごしま応援者証」を発行しています。 割引協賛施設は、「かごしま応援者証割引協賛施設」の表示が目印です。 協賛施設については、県のホームページに掲載しています。 お申込みはこちら お気に入りに登録 お申込みはこちら お気に入りに登録